南蛮漬けの衣で反省

今、はまっているのは土井善晴先生。

ひょんなことで料理セミナーパーティへ参加した時、

女性ばかりの中、やっぱり目立っていたせいか、声をかけてくれました。

だからと言って、その後、何があったわけではないのですが、

そういうちょっとしたことで、ファンになってしまうのが人間の面白いところ。


面白かった話は、戦前、味噌汁に出汁を入れるのは「ハレの日」だけ、

日常は出汁をひかなかったということ。具材から出る旨味だけで十分と教わって、

以来、具材によっては、出汁を使わないことを覚えました。


先日、動画で土井流の南蛮漬けを見て、本日、人生初の南蛮漬けを作りました。

長年の料理人生にかなり偏りがあり、 南蛮漬けは未開拓分野ですので、

珍しく教え通りにやってみたら、思った通りに美味しい。

鯵に片栗粉をまぶして、揚げて、、、。


味の染み込んだ鯵をいただきながら、

自分だったら、衣に卵を使うのに、と思った途端、気付きました。

片栗粉だけだからこそ、味が中まで染み込むんですよね。


何でもアレンジすればいいもんではありません。反省です。

しばらく、素直に、土井流に飲み込まれようと思います。